グレインフリードッグフードとは?メリットとデメリット。

ドッグフード グレインフリーの知識

近年、愛犬にも健康志向が高まってきていて、「グレインフリードッグフード」が注目されています。

グレインフリードッグフードとは、穀物を使用していないドッグフードです。

犬も人間と同じようにお腹が弱かったり、アレルギーを発症したりすることがあります。

そういう場合、お腹に負担がかかる原材料を避けないといけません。

グレインフリードッグフードは、小麦などの穀物アレルギーを持っている犬でも食べられるフードとして、注目されています。

グレインフリードッグフードとは?

グレインとは、穀物のこと。

グレインフリーフードは穀物、主に米・大麦・小麦・トウモロコシを使用していないフードです。

犬はもともと肉食の動物で、穀物の消化酵素を持っていません。

そのため、穀物が主原料のドッグフードは、犬にとって消化しにくく腸に負担がかかることがあります。

これが近年の医学的研究で、食物アレルギーや体調不良に繋がることがあるとわかってきました。

穀物をまったく消化できないわけではありませんが、穀物の消化酵素の分泌量が人間よりも少ないので、十分に消化できずに腸に届いてしまうことがあります。

とくにお腹が弱い犬には、消化吸収がいいグレインフリードッグフードをおすすめします。

犬には穀物を与えないほうがいいの?

では、犬には穀物を与えないほうがいいのでしょうか?

そんなことはありません。

ペットフードに含まれる穀物は、適切に調理されているので、良いエネルギー源となります。

正しく調理され、犬にとって適切な量に調整されていることが重要です。

犬にもある程度の炭水化物は必要です。

フード中には最低23%の炭水化物が含まれているのがいいとされています。

ただ、穀物が合わない体質の犬もいますし、消化器官が未発達な子犬や、消化機能が衰えてきた高齢犬などには、腸に負担が少ないグレインフリーのドッグフードが安心です。

グレインフリーのフードには、米・大麦・小麦・トウモロコシの代わりに、イモ類や豆類が使われています。

グレインフリーフードのメリット・デメリット

グレインフリーのメリット

グレインフリーのメリットは、アレルギーが出にくいこと

グレインが含まれているとうまく消化ができずに便がゆるくなったり、アレルギー反応がでることがあります。

また、代わりに含まれているイモ類や豆類は穀物に比べてGI値が低いので、肥満を防ぎます

小麦や白米などの穀物の多くは、血糖値を急激に上げる高GI値の食品なので注意が必要です。

そして、グレインが含まれないと消化がとても良くなるので、便の量が減り、便臭が気にならなくなります

我が家の犬はストレスが溜まると食糞することがあり困っていましたが、それもまったくなくなりました。

フードの食いつきも良くなりました。

グレインフリーのデメリット

一般的なドッグフードよりも、材料や生産方法にこだわったものが多いため、どうしても割高になります

また、お肉の割合が高く高タンパクな商品もあるので、成分をよく確認して与える必要があります。

フードの30%くらいまでを目安とすると良いでしょう。

穀物の代わりに豆類が多く使われているフードもありますが、豆類には胃腸や肝臓に負担がかかる成分が多く含まれていて、肝臓病につながることもあります

ですが、ドッグフードには豆類は適切に加工されているので、排除する必要はありません。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

コメント